目次(数理工学社)
「電気電子計測(第2版)」
本書は刊行以来好評を得てきたテキストの第2版.技術事項の集積である電気電子計測を体系化することにより,確かな理解が得られる好個の教科・参考書.第2版への改訂にあたって最新の状況に合わせた記述に変更し,章末問題の解答の補強も行った.(数理工学社・サイエンス社)

「電気電子計測」(初版への説明)
日進月歩で発展している計測技術の「概念」「方法」「実際」をわかりやすく解説.技術事項の集積である電気電子計測を体系化することにより確かな理解が得られる.多数の図を用いたビジュアルな構成とした.2色刷.(数理工学社・サイエンス社)

2003年10月25日 初版発行
2014年4月10日 初版第16刷発行
2015年1月10日 第2版発

電気電子計測 教科書<2015年度からは第2版を使用>
廣瀬:「電気電子計測(第2版)」数理工学社・サイエンス社、新・電気システム工学 TKE-5)ISBN 978-4-86481-025-8

初版への書評: 中村和之先生、電子情報通信学会誌、vol.87、no.9 (2004) p.81





第2版へのまえがき
(抜粋)

2003年の旧版刊行から10年を経た。その間に、急速に教育メディアは多様化し、大学の教程に関わる情報もさまざまな形態のものが試みられるようになった。しかしそれはまた、本というメディアの魅力を顕在化させてもいる。旧版も幸い2万人に近い読者を得た。その間、多くの方々からありがたい貴重なご叱正を多数いただき、記述の小修正を重ねた。しかし継ぎはぎが累積して一部には不整合も現れてきていたため、ここで第2版を刊行することとなった。

改訂版では、その基本的な項目や内容に大きな変更はない。しかし読者からもっともご要望の多かった章末問題の略解の増強を図った(講義のレポート課題に引き続き利用できる)。本文や図版における変数の不統一や重複も、できる限り解消した。また一部のコラムも含め、最新の状況に合わせた記述に変更した。本書内容は広範な領域にわたり、説明が不十分なところも多く、またあってはならない誤りもまだまだあるかと恐れる。第2版においても、引き続きご叱正をいただきたい。 (2014年11月   著者)


修正・加筆等

(第2版 第4刷)

ページ 行・項目 誤り、曖昧な点、改善の余地のある点など 修正、加筆、理解を助ける変更など
28 5行目 Sys\`{e}m Sys\`{e}me
28 表3.1 最下段 moh mho
37 下から4行目 フォン・クリッツィング(・・・)の係数 フォン・クリッツィング(・・・)定数
71 (6.3) v_{0} \cos ( \omega t + \theta ) I _{0} \cos \omega t v_{0} \cos \omega t   I _{0} \cos ( \omega t + \theta )
71 (6.4)のすぐ上 ・・・のことを指す。 ・・・のことを指す。次式で$T$は一周期あるいは十分長い時間とする。
152 本文1行目 ・・・、それをデバイス・・・ ・・・、信号をデバイス
152 図10.6、中ほどやや左 ハンドパスフィルタ バンドパスフィルタ
163 図11.1 <左右それぞれの図に番号がない> <左右の図の下にそれぞれ、(a) および (b)を付ける>
171 図11.5(a)縦軸 v ( t ) v _{s+n} ( t )
171 図11.5(d)一番左 v ( t ) v _{s+n} ( t )
173 図11.7 キャプション ・・・、第10.4節を・・・ ・・・、第10.6節を・・・
212 図13.7 キャプション ・・・の回転 ・・・の回転 (例として負荷が開放の場合)
226 下から7行目 measures mesures

(第2版 第3刷)(上の修正に加えて)

ページ 行・項目 誤り、曖昧な点、改善の余地のある点など 修正、加筆、理解を助ける変更など
5 図1.1、図中説明、左上   "  観測値   "  プランクによる計算値
5 (同)右下
◎ 黒体I,IIおよびIII
観測値
◎ 黒体I,IIおよびIII
25 例6 1.50 \times 10^{3} 1.50 \times 10^{3} [V]
138 図9.5(b) (横軸最も左の)f_{c} f_{sig}

(第2版 第2刷)(上の修正に加えて)

ページ 行・項目 誤り、曖昧な点、改善の余地のある点など 修正、加筆、理解を助ける変更など
49 図4.6 (上コイルの電流$i_{1}$と左コイルの電流$i_{2}$) (上コイルの電流を$i_{2}$と左コイルの電流を$i_{1}$とする。)
50 (4.14) H_{c} = ・・・ {h_{1} + h_{2}} ・・・ H_{c} = ・・・ {h_{1} - h_{2}} ・・・
50 (4.15) H_{cc} = ・・・ {h_{1} - h_{2}} ・・・ H_{cc} = ・・・ {h_{1} + h_{2}} ・・・
85 (6.29)の上の行 ・・・、それぞれの端子の間の抵抗を測る。 ・・・、3組できる端子対の間の抵抗を測る。3つの値をそれぞれ$R_{\rm A}$、 $R_{\rm B}$および$R_{\rm C}$とすると、次の関係を得る。
151 図10.5 (下の黒い曲線の左側の尖頭値が、青の尖頭値よりも低い) (黒い曲線の左側の尖頭値を、青の尖頭値と同じ高さまで伸ばす)

(第2版 第1刷)(上の修正に加えて)

ページ 行・項目 誤り、曖昧な点、改善の余地のある点など 修正、加筆、理解を助ける変更など
70 図6.1(b) (瞬時電力の右端が平均電力の水平鎖線までで切れている) (右端をt軸の高さまで延ばす)
116 8行目 ・・・これは奇遇という・・・ これは奇偶という・・・
155 9行目 ・・・一致したが得られる。 ・・・一致した成分が得られる。
215 1行目 ・・・定在波比とする。 ・・・定在波比を得る。
217 2行目 計測を行うときだけでなく、・・・ときにも、・・・ 計測を行うときや、・・・ときに、・・・
217 3行目 ・・・必要になる。 ・・・必要になることがある。
227 1行目 などの影響を受けてどうしても・・・ があり、どうしても・・・