2018年5月28日(月)、29日(火)、廣瀬明が文科省SGUプログラムによってチリ国サンチアゴにあるカトリカ大学のパブロ・イララサバル教授、チリ大学のパブロ・エステベス教授を訪問し、東京大学・工学系研究科・バイオエンジニアリング専攻との一層の共同研究を目指した。特に今回は、バイオ分野と電気・電子・情報分野間での可能性を探り、バイオ・生理分野のコヒーレントなイメージングにおける適応処理などでの可能性を議論した。

Akira Hirose visited Prof. Pablo Irarrazabal of Pontificia Universidad Catolica de Chile and Prof. Pablo Estevez of Universidad de Chile in the SGU Program of MEXT Japan - Chile on 28 and 29 May 2018 to open further cooperation in Bioengineering and related fields in particular in electrical, electronics and information areas including adaptive coherent image processing in biological and physiological observations.





<<Visit to Prof. Pablo Irarrazabal of Pontificia Universidad Catolica de Chile and Prof. Pablo Estevez of Universidad de Chile in the SGU Program of MEXT Japan - Chile>>
28 May 2018